ラブラドール・レトリバー|ラブラドール・レトリバーのケージ(サークル)の必要な大きさと体験談

わたしの犬の飼いかた_イメージ 【ラブラドールレトリバー】ケージ
ゆったんについて
ゆったんプロフィール|世界一幸せなラブラドールの育て方「ゆったん」はラブラドールの女の子で2016年11月23日生まれ、2017年3月にわが家の一員になりました。このブログではゆったんの実際の体験を踏まえて記事を書いています。

こんにちは!

今日はラブラドール・レトリバーのケージ(サークル)の必要な大きさとわが家のケージ探しの体験談について書きたいと思います。

 

なんだかんだありましたが、無事家族の一員となったラブラドールのゆったん。

ゆったんは主に家のリビングで過ごすことになります。

実は「犬は外」時代に育った私には初めての体験です!

が、お迎えの日になってもまだゆったんの居場所になるケージ(サークル)がない!

というか実はまだ買ってない状態でした。

ごめんね、ゆったん!!

これには理由があって、 ケージの大きさを悩みに悩んで、「あれでもない」「これでもない」なんて全然決まらなかったからです。

ケージが家にくるまでの間ゆったんは段ボールハウスで過ごすことになったんです。

はじめはおとなしく段ボールハウスに入っていたゆったん。

次第に慣れてきて、段ボールハウスを破壊(食)し始めたのでした。

いまだに段ボールラブ♡なゆったんはもしかしたらこの時期の影響なのかもしれません。

とにかく早く段ボールハウスから脱せねば!段ボールだけじゃなくて家が破壊される!!

わたしの犬の飼いかた_イメージ そんな思いで必死にケージを再度探し始めました。

ラブラドール・レトリバーのケージはどこに売っているのか悩む

ケージが欲しいけれど、どういうのを買ったらいいのか。

色んな種類のケージがあってどれを選べばいいのか全然わからない。

ゆったんがいたペットショップでケージについて聞いたところ、

ペットショップ店員
ラブちゃんに合うケージはうちには置いてないです。 というかすぐ大きくなっちゃうので大きいケージを おすすめしますよ。 

という回答。

 

その店員さんの言葉通り、ラブラドールにあうようなケージは他のペットショップでも 全然見かけませんでした。

その反面、小型犬用はかなりの種類があったのできっと需要が多いんでしょうね。

色んな種類のケージがあってどれを選べばいいのか全然わからない。

やっぱり実物を見てみないと大きさがわからないから、ホームセンターで実物見てからネット購入が一番いいんじゃない?(持って帰るの重そうだし)

というわけで早速近所にあるホームセンターに行ってみることにしました。

ラブラドールのケージをホームセンターで探す

ホームセンターにはゆったんも一緒です。

ここではじめてペット用カートデビュー。

しかし、ゆったん怖いのか興奮してるのか予想不能な動きしててちょっとコワイ。

わたしの犬の飼いかた_イメージ

そして、そんなゆったんの行動にドキドキしながら ケージコーナーへ。

大型犬用を発見!

わたしの犬の飼いかた_イメージ

 

うーん、なんかこれはちょっと頼りない?

なんて思ったので近くの店員さんに聞くと、

ホームセンター店員
ラブちゃんだと大きくなったら簡単にこれ壊しちゃいますよ。 もっと頑丈のにしてあげたほうがいいですよ 

 と。

そして、なんかもうちょっとリビング置きだしおしゃれなほうがいい。

探し続けて見つけたのがこのケージ

なんか、縦にも更にでかい!

 

きっとこの画像じゃ伝わらないと思うけど小型犬用はこちら

 

 

この画像たちじゃ恐らく伝えたいものの半分くらいしか伝わらないですが、 実際はけっこうBIGです。

 

これはアイリスオーヤマのトレー付きウッディサークルでこのサイズの型番は DWS-118H。

本体サイズは113×78.2×88.3cm。

そして気になる重さは13800g。

こっちも気になるお値段は23,544円。(amazon当時)

他に大型犬用は種類もそんなになかったし、 頑丈そうだし、もうこれでいいかな。

はじめみたケージよりは色も落ち着いてる。

こうして、なんとか段ボールハウスが破壊しつくされる前に、 無事ゆったんのケージが決まったのでした。

 

Amazonでラブラドール・レトリバーのケージを買う

親切に色々と教えてくれたホームセンターのおばさん、ありがとう!

アイリスオーヤマのトレー付きウッディサークルですが、ネットを調べると数千円の差があって(購入当時)ネットのほうが 完全に安かったのでAmazonでそのケージを購入。

翌日とまではいかなかったけれど3日後くらいでとうとうわが家に BIGなケージが届きました。

わたしの犬の飼いかた_イメージ

ヘソ天で安心しきってるゆったん。

よかったね、ゆったん。

 

ラブラドール・レトリバーのケージで重要視したこと

今回のケージ選びで一番重要視したことは、 丈夫さ、 見た目、 そして、ワイドのトイレトレーがすんなり置ける ということでした。

小さいケージではワイドのトイレトレーがなかなか置けず、 ラブラドールのトイレはワイドのトイレトレーじゃないと間に合わないので それは絶対条件でした。

トイレ置けないと留守番の時に困りますよねー。

長い時間かかりましたがゆったんのケージ探しは無事終了しました。

そして、今ではそのケージは 寝る時には自分から入って寝ているという落ち着ける場所になっているようです。

ラブラドール・レトリバーのケージを買ってからのその後

先日購入したこのケージ

問題はないんですが、お留守番の時にウンチをして、ぐるぐるまわると大惨事になっていたことが何度かあってついに増築してしまいました!

前に強度で購入を迷っていたこれですが、増築がどのくらいもつかわからなかったので、「一時的でいいや」と結局こちらも購入して増築に使いました。

手前に増築した感じです。

とりあえず奥がトイレ、水飲み場、そしてベッド、手前が遊び場にしてみました。

これで奥でウンチしても手前で遊んでくれたら被害は減少するんだけどね。

そうそう都合よくはいかないか…。

わたしの犬の飼いかた_イメージ

ケージの悩みはまだまだつきないのでした。

1歳を超えてからまたケージを変えました。

その記事はこちらです。

ラブラドール・レトリバー|室内ケージ(サークル)を買い替えた理由と新しいケージの大きさ

2018.08.03

 

もし、記事を読んでもわからないことや聞きたいことがあれば下記からお気軽にお問い合わせください。